1回目の採卵から2周期も採卵できなかった話

不妊治療

1回目の採卵が変性卵1個のみだったため、リセットを待って次の周期でまた採卵をする予定でした

しかし実際次の採卵ができたのは3周期後でした。

一刻も早く治療を進めたいのに、何もできずリセットを待つ周期が続いてかなり気分が落ち込みました。

ここでは、いったい何故そのようなことになってしまったのかをお話しします。

1周期目~卵胞が既に大きい~

採卵周期になる予定だったので、生理開始3日にクリニックを受診しました。

そこでエコー検査をしたとき、すでにかなり大きい卵胞がありました。

先生は、この卵胞は空砲か、あってもそんなに質のいい卵子ではないだろうという見立てでした。

クロミッドで一応刺激をしたりしましたが、結局それ以外の卵胞は育たず。

大きい卵胞から採卵してみてもいいけどあまり結果が出るとは思えないと先生は仰って、私も前回の採卵が結構辛かったこともあり、可能性が低いならと採卵を諦めました。

この周期はわずかな期待にかけてタイミング取ってみたりもしましたが、もちろんダメでした。

2周期目~卵胞が育たない~

ようやく2周期目に入ることができたので、1回目の採卵周期と同じように刺激をしました。

基本はクロミッド、たまにゴナールエフでした。

しかし、生理から12日、14日とエコーで見ても、そこまで大きくない卵胞が2つあるくらいで、しかも形も歪んだような卵胞しか見えませんでした。

子宮内膜も薄く、とても排卵前のような状態には見えませんでした。

先生が、この所見だと一回リセットさせた方がいいですと仰いました。

今までも確かにクロミッドで刺激しても複数個育つことはなかったし、そもそも低AMHなのだからそう簡単に卵胞がたくさん育つわけはないのですが、それでも今までは必ず1個排卵しそうな卵胞があったし、子宮内膜もちゃんと厚くなっていました。

ここに来て初めて全く卵胞が育たないという現実に直面し、もう妊娠できないのかも…と思いました。

まとめ~毎周期確実な治療ができるとは限らない~

私は正直、体外受精に移行すれば、受精くらいまでは簡単にいくと思っていました。

卵も採って精子も採って、それを人の力で受精させるんだから、そこまでは簡単に行って、そこから移植した後がみんな大変なんだろうって思っていました。

でもそもそも卵が採れない…採れなかった受精しようがない。

2周期目でも採卵できないと分かったときは本当に悲しいのと同時に、これから先もう一生卵できないのかもしれないという不安に襲われました。

自分が体外受精に踏み切って初めて、毎周期ちゃんと治療ができるわけじゃないんだって知りました。

不妊治療
\ブログ村参加中/
にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 妊活へ

\人気ブログランキング参加中/

応援クリックしていただけたら嬉しいです

Natsuki-Log-
タイトルとURLをコピーしました