【不妊治療】初めての採卵周期

不妊治療

人工授精1回目で結果が出ず、先生から早めのステップアップを提案されました。

詳しくはこちら↓

提案された次の周期には体外受精をすることに決めました。

ここでは初めての採卵周期の体験談をお話しします。

生理3日後~12日 卵胞を育てる期間

まず生理開始3日までに受診して、血液検査とエコー検査をします。

血液検査はLHやFSHといったホルモンの値を見て、ちゃんと生理開始時のホルモン値かどうかを確認します。

エコーでは、卵胞がちゃんとあるかと、育ちそうな卵胞の目星をつけます。

私の場合は、ホルモン値は特に異常なし、卵胞は大きくなりそうなのが1個と、他にも小さいのが2~3個あるから、ちょっと刺激してみましょうとなりました。

10日分のクロミッドと、指定された2日間はゴナールエフの自己注射を打ちました。

クロミッドは排卵誘発剤と言われる飲み薬です。詳しくは↓のサイトへ。

クロミッド錠50mg(排卵誘発剤) - 不妊不育治療センター 医療法人明日香会 ASKAレディースクリニック 
成分名:クロミフェンクエン酸塩 作用 排卵を誘発したり促進したりします 服用方法 開始日:月経周期3〜5日目から2〜5日間服用 用法:1回½〜1錠 1日1回〜2回 服用時間指定:なし 注意事項 目のかすみがでたら自動車運

ゴナールエフも排卵を誘発する薬で、こちらは注射です。

以下の記事で自己注射の体験をお話ししています。

私の場合はこの2つで卵を取れるように卵胞を育てていましたが、結局育ったのは最初に大きくなりそうと目星をつけた1つだけでした。

先生に、採卵は1つだけしましょうと言われました。

2日後に採卵が決定しました。

採卵日当日

朝イチで夫の精子を採取→2時間以内にクリニックへ

これは人工授精の時と同じでした。

この日も平日で夫は仕事だったので、朝起きてすぐ採取してもらいました。

気温が低かったので、温度が下がらないように持っていくのが大変でした。

クリニック到着 採血と点滴

クリニックへ行くとすぐに安静室に案内され、手術着に着替えて採血と点滴をされました。

点滴をしてしばらく安静なので、めちゃくちゃ暇でYouTubeばっかり見ていました。

点滴してるから腕を曲げたりしづらかったです。

30分すると手術室に呼ばれました。

採卵

手術室に入って、内診台と同じ形の手術台に座ると、血圧や心拍を図る機械を体のあちこちにつけられました。

看護師さんと培養士さんに名前と生年月日を言って本人確認をしたところで、先生が入ってきました。

採卵が始まり、まずスプレー麻酔をしました。

私は採卵が1個で短時間なので、スプレーの局所麻酔でいいという先生の判断でした。

麻酔がすぐ効いて、股全体が熱い感覚になりました。

意識があるのでエコーのモニターをずっと見ていると、卵胞の中身が吸い取られていくような様子が見えました。

ただ、もう卵胞がしぼみきっているように見えるのに全然採卵が終わりませんでした。

しばらくすると先生が「卵子がまだ見つからないからもう少しやります」と言いました。

多分15分くらいはかかっていたと思います。

そしたら麻酔が切れてきたのか、めちゃくちゃお腹が痛くなりました。

今にも声が出そうなくらい…

生理痛の一番重い時をさらに倍にしたくらい痛かったです

何もない時にあの痛みが出たら救急車呼ぶくらいの痛みでした。

痛みをかなり我慢していたら採卵が終わりました。

その後また安静室に戻って、2時間ほど安静にしていました。

採卵は前日の21時から絶食だったので、この安静の時間に軽めのものは食べていいと言われました。
(静脈麻酔だと麻酔切れるまでは待たないといけないかもしれません)

採卵の結果

結局この時は、変性卵しか取れませんでした。

正直、毎日薬飲んで、苦手だった自己注射もして、採卵の痛みにも耐えて、変性卵しか取れないってなんで?って先生の前で泣きそうでした。

低AMHだとこんなにも大変なんだと実感した瞬間でもありました。

「2週間くらいすると生理が来るから、そしたらまた3日までに受診してください」と先生に言われたけど、2週間も何もできることがないのも本当に悲しくてしかたなかったです。

この日は抗生剤を3日分もらって、かなり意気消沈して帰宅しました。

不妊治療
\ブログ村参加中/
にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 妊活へ

\人気ブログランキング参加中/

応援クリックしていただけたら嬉しいです

Natsuki-Log-
タイトルとURLをコピーしました