我が家の災害時の備え

ライフスタイル

明日3月11日といえば東日本大震災があった日ですね。

私は当時すでに東京で働いていて、物心ついてから初めて震度5を経験しました。

あの時から防災について考えるようになったと思います。

ここでは我が家でやっている災害時への備えを紹介します。

防災リュック

我が家では上のような防災リュックを準備しています。

夫と私の分それぞれ1個ずつです。

ほんとは夫のリュックに2人分入る防災セットを購入したのですが、もし私が一人で家で被災した時、2人分を一つにまとめてしまうと重すぎて運べないので、私のリュックを別で買って1人分ずつに分けました。

我が家で購入した防災セットはこちら↓

もともと防災リュックにできそうなリュックを持っていなかったので、リュック付きのものを探していました。

2人分欲しかったので、1人分を2つ買うより2人分まとめて買えるものを選びました。

このセットには以下のものが入っています。

ハイパワーラジオライトチャージャー/革製軍手×2/布製軍手×2/ホイッスル×2/万能ナイフ/レインコート×2/救急セット/給水タンク/サニタクリーン簡単トイレ(5枚入り)×2/5年保存水 500ml×6本/アルファ米×6食/生命のパン×2缶/モーリアンヒートパックMサイズ(発熱剤6個入)/エアーマット×2/リバーシブルアルミブランケット×2

ただこれだけだと衛生用品が少ないのと、食料が心もとなかったので追加で以下のようなものを入れています。

  • 生理用品
  • マスク
  • アルコールウェットテッシュ、水に流せるティッシュ、ボディ用シート
  • 常備薬
  • 眼鏡、コンタクト
  • 紙皿、紙コップ、わりばし、ラップ
  • 簡易トイレ追加
  • 食料追加
  • レジャーシート
  • 現金(小銭+1000円札)
リュックの中の一部。眼鏡を買い替えたときに古い眼鏡を防災用にしました。

ほんとはもっと準備しておきたい気持ちもあるんですが、避難所にもっていくことを想定した時にあまりに重いと急いで逃げられないということもあり、自分が思う最低限にしています。

ちなみに私の方のリュック、52キロありました。人1人分…

他にもよさそうな防災用品を楽天ROOMのコレクションにまとめました。

防災用品|ROOM - 欲しい! に出会える。

女性に必要な衛生用品をまとめた防災リュック等もあり、1つ持っておくと安心できますね。

水の備蓄

防災リュックはあくまでも避難する想定なのですが、建物自体は問題なく避難しない場合も多いと思います。

その時に水が出ないことも考えられるので、飲料水の確保は必須です。

我が家では2リットルペットボトルをMAX16本置いておけるスペースがあり、8本なくなったら、9本1ケースの水を購入して入れ替えるようにしています。

我が家はペットボトルの水を結構飲むので、ローリングストック方式が合っています。

ローリングストックについて(知る防災) - tenki.jp
災害が起こると食料の確保が最優先されます。 備蓄の必要性を感じている方も、実際に食料を備蓄しておくことはなかなか難しいものです。 災害時に役立つと言われている保存食も、何がどれくらいあるのかということを定期的に確認したり、食べ方を知っておかなければ、いざという時に賞味期限が切れていたり、温めなければ食べられず、食事にあ...

ウォーターサーバーとか置ければそれでもいいかなと思うのですが、我が家にはそのスペースとコンセントがないので、ペットボトルを常備することにしています。

実は東日本大震災があったとき、私はドラッグストアに勤めていて、その当日中に水がめちゃくちゃ売れました。

そして翌日には水の売り場が空になりました。

当時まだ私は若くて、地震の備えとか何も考えなかったのですが、その時真っ先に水がなくなるんだというのを実感したので、水の常備は欠かさないようにしようと思うようになりました。

同様にトイレットペーパーやティッシュもすぐ売れてしまうので、残り1パックになったら買うようにしています。

連絡先を紙で残す

夫の連絡先、私の実家・夫の実家の連絡先を紙に書いて財布に入れています。

あと防災リュックにつけているホイッスルにメモが入れられるので、その中にも入れています。

万が一スマホの電源が切れてしまったり、スマホを持って逃げられなかったりした時に、公衆電話や他の人のスマホが借りられれば連絡が取れるからです。

また自分に何かあったときに、知らない人がその連絡先に気づいてくれたら、連絡を取ってくれるかもしれないためです。

これはお金もかからずすぐにできる災害対策の1つなので、是非やるのをおすすめします。

まとめ

震災が起きてから数年は結構頻繁に防災について考えていたような気がするのですが、やはり年数がたってくると薄れてきてしまうなと自分でも思います。

それでもいざというときのための備えを忘れたくないので、年1でスケジュールを登録して防災用品の見直しをするようにしていこうと思います。

ライフスタイル
\ブログ村参加中/
にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログへ にほんブログ村 赤ちゃん待ちブログ 妊活へ

\人気ブログランキング参加中/

応援クリックしていただけたら嬉しいです

Natsuki-Log-
タイトルとURLをコピーしました